富山で自然素材を使った高性能な高気密高断熱住宅を造っているフジ創ホームです。

HOME > ハウスINハウス

ハウスINハウスの断熱リフォーム

新築住宅では2020年から高断熱が義務化されますが、従来の家でその基準を満たしている家はわずか5%。
リフォームで新築同様の快適さを実現するには、内装・水まわりだけではなく、『断熱性能』の改善が必要です。

思い入れのある今の家を壊さず、生活に必要な部分だけ“新築品質”の快適空間をつくる。
それが家の中に家をつくる『ハウスINハウス』。独自開発のパネルにより短い工期、お手頃な価格を実現しました。

『ハウスINハウス』ならでは、3つの特徴

「断熱」は、あなたの「健康」につながります。

高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。住宅の外部に面する壁・窓・屋根などから熱が逃げないように「断熱」してあるので冷暖房の効率もよく、省エネルギーで夏涼しく冬暖かい快適な住環境が実現できます。夏も冬も外気温の影響を受けにくく室内の温度差が少ないため、熱中症やヒートショックなどから家族を守ってくれます。

『ハウスINハウス』ならでは、3つの特徴

  • 夏は涼しく、冬は暖かい「古い家だから」と暑さ寒さをあきらめる必要はありません。
    断熱リフォームをすると、家が魔法瓶のようになり、クーラーの冷気はそのまま。暖房だって、その熱気を逃がしません。
  • 光熱費が安くなる断熱性能が高いということは、つまり、省エネ住宅なので、光熱費を抑えることにつながります。
    それは日々の家計の節約にもつながり、とても経済的です。
  • 家族の健康を守る何より高い断熱性能は、部屋間の温度差をなくします。
    それにより、体の負担を軽減する環境(ヒートショックなどのリスク軽減)を実現します。
新井ブログ Thank You会 フジ創ホームの仲間 merry smile cafe

PAGE TOP