HOME > 3.日本伝統の匠の技を使用した木造構造

3.日本伝統の匠の技を使用した木造構造

木を知れば、当然、構造にもうるさくなります。耐久性、環境対応、住みやすさ…家への不安が、構造を把握することで一気

 

に解消するはずです。

 

 

 

フジ創スタンダード

剛床工法

基礎コンクリートの上に土台を載せ、床部分を構成します。土台や床は床下に近く、湿気の影響を大きく受

 

ける箇所。そのため、土台には腐りにくく湿気に強い木材を使用します。主に、高い抗菌性や殺虫効果のあ

 

る無垢の米ヒバ材を使用。

 

さらに、45cm間隔に組んだ大引きによって、地震に対しての強度は約2.5倍にもなります(剛床工法)。従来

 

の木造軸組工法では根太(ねだ)を使いますが、「剛床工法」では使わず、大引きを45cm間隔で使うことに

 

よって、さらに強固な家造りを可能にします。ちなみに、土台や大引きに使用する米ヒバ材は、ヒノキチオー

 

ルという成分をふくんでおり、高い抗菌性と殺虫効果があります。そのため、カビやダニが発生しにくく、家の

 

大敵である白アリも寄せ付けません。

強度

構造を語る上でキーワードとなるのが、強度。心地よい住まいを実現させる、ベースを作りましょう。

フジ創スタンダード

従来の伝統的な「軸組工法」は、「火打ち」で家をささえていました。

 

ところが、近年になってそれだけでは揺れを抑えられないことが実証されてきました。そこで従来の「軸組工法」に、頑丈なハ

 

イベストウッドを使った「木造軸組工法+面材工法」を採用しています。

 

イベストウッドは、従来木造軸組工法の2.5倍の壁倍率を達成しており、地震や豪雪にも、その強度を発揮します。また、環

 

境に優しく、壁内結露を防ぐため、住宅の耐久性も高めてくれるのです。

ハイベストウッドとは

安全性耐久性

 

 

                                                        >>4.快適な暮らしと、省エネの安心

お問合せ

あなたの家作りの不安を解消します。お気軽にお問い合わせください。
電話番号0120-252-661
体験会の申し込み
資料請求
セミナー
家づくりに関するご相談
お問い合わせはこちら